基本的な機能 - ダンドリワークス
  • HOME >
  • 基本的な機能

基本的な機能

ダンドリワークはクラウド上で現場情報を共有するサービスです

FAX、電話、メールによる業者さんとのやりとりが無くなります。

デバイス画像

マルチデバイス対応

ダンドリワークはクラウドサービスなので、インターネットにつながっていれば、様々なデバイスでアクセス可能です。 また、iPhone / Androidなどのスマートフォンにも対応しているので、移動中など、外出先からでも仕事が円滑におこなえます。
事務所に戻らないと仕事が進められない…というストレスから解放されます。

チャートイメージ

今まで、職人さんごとに、ファックス、電話、メール、手渡しなど、個別連絡していましたが、もうその必要はありません。
ダンドリワークに必要な情報を1回入力するだけで、職人さんが必要な情報を確認してくれます。
仕様や工程表が変わるたびに個別連絡していましたが、ダンドリワークがその煩わしさから開放します。

クラウド上で共有する『現場管理』

常に最新版となる「現場情報」

現場情報

現場や仕様、注意事項など1つの画面に凝縮されています。
スマホやタブレットで見た時には、Google Mapなどの地図アプリと連動しますので、すぐに場所がわかり、ナビ機能も使えます。

また、クルマを止める場所や、施工できる時間帯、近隣住民へ配慮すべきこと等、現場ごとに注意事項を管理できます。
クレームは、小さな不満が積もり積もって発生するもの。
現場に出入りするすべての業者に周知徹底できれば、トラブルは未然に防げます。


煩雑な情報を整理整頓「充実の各種メニュー」

各種メニュー
各種メニュー

現場資料
現場資料

現場写真
現場写真

工事報告書
工事報告書

現場写真や図面、仕様書などの現場資料をクラウド上で共有できます。

現場に関わるすべての業者に個別にFAX、電話、メールをする手間から解放されます。スマートフォンで撮影した現場写真や動画をその場でアップロードできるため、業者さんはリアルタイムで状況報告ができます。


24時間どこでも確認できる「高性能な工程表」

ガントチャート
ガントチャート

カレンダー
カレンダー

工程表をダンドリワークで作成すると、常に最新の工程表を共有することができます。登録されている職人の空き状況を確認しながらの作業も可能です。

工程表はガントチャート式とカレンダー式で対応しており、業種や用途で柔軟に使い分けることも可能です。


必要な人だけに、必要な情報を「権限設定」

図解

情報の機密性を保ち、誤操作による混乱を防ぐためにアカウントの権限設定ができます。
管理者、経理、営業、業者(親方)、業者(小方)などのアカウントグループを設定することで、閲覧・更新する権限が分けられます

また、現場情報は、担当している業者さんしか見ることができません。
他の業者さんに任せている仕事や金額などの機密性は保たれます。


伝わってるかを確認する「閲覧・ダウンロード履歴」

図解

業者さんの中にはITには不慣れな方も多いので、伝わっているかな…という不安も。
業者さんが使いこなせるようにするための支援機能を付加しました。
現場資料を閲覧・ダウンロードした人、していない人を一覧表示できるので、情報伝達のヌケモレもすぐに分かります。


今の状態が分かる「ステータス管理」

図解

現場の状態を「追客中、契約中、着工中、完工」などのステータスで管理できます。
ステータスを絞って検索することもできるので、忙しい人ほど便利な機能です。

契約前の案件についても管理でき、施工のダンドリをしている段階から情報共有することで、業者さんも自身の仕事の見通しが立てやすくなります。


更新情報はアプリで確認、便利な「通知機能」

通知機能

新しい現場がはじまる時、写真や工程表を更新した時は、担当者へ通知を送ることができます。通知先は選択できるため、「自分に関係のない通知」に困ることも避けられます。


isms ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
滋賀オフィスにて認証取得

プライバシーマーク

個人情報保護方針
ダンドリワークスは
プライバシーマークを取得しています。


お問い合わせ資料請求

ダンドリワークまるわかりセミナー