ニュースリリース
2019.01.10

マイホームアプリ「knot」とクラウド型情報共有コミュニケーションツール「ダンドリワーク」がサービス連携を開始

         

株式会社SOUSEI Technology(本店所在地:東京都港区、代表者:代表取締役 乃村一政 以下SOUSEI Technology)と株式会社ダンドリワークス(本店所在地:滋賀県、代表者:代表取締役社長 加賀爪宏介 以下ダンドリワークス)は、マイホームアプリ「knot」とクラウド型情報共有コミュニケーションツール「ダンドリワーク」のサービス連携を開始いたしました。

【サービス連携概要】

SOUSEI Technologyとダンドリワークスは、ユーザーの“家を建てる”から“暮らす”までを一元管理できる「knot」と、建築現場に特化したコミュニケーションツール「ダンドリワーク」のサービス連携を開始いたしました。
「knot」は物件に紐づく顧客とのコミュニケーションや情報の管理を、「ダンドリワーク」は現場監督と職人をはじめとする建築現場のコミュニケーションや進捗管理などを行うことができ、住宅会社における業務効率向上を実現します。利用する際はどちらも物件や建築案件の情報入力を行い、管理画面を通して情報発信や登録、閲覧を行います。

今回のサービス連携では、これまで両方の管理画面上にそれぞれ入力する必要のあった物件情報などのデータをAPI連携いたしました。これにより管理のための重複した業務による二度手間を無くし、スピーディかつ正確な情報共有が可能となります。

SOUSEI Technologyとダンドリワークスは、今後も住宅会社や建築現場における効率化や質向上のため、システムやサービスの連携及び改善を行ってまいります。

【マイホームアプリ「knot」とは】
“家を建てる”から“暮らす”まで、ユーザーが我が家の情報を一括管理できるサービス。それがマイホームアプリ「knot(ノット)」です。お客様は、住宅会社様との膨大なやり取りや資料をアプリ上で完結。住んでからも我が家の情報を簡単に取り出し確認することができます。また、ビルダーはアプリを通して顧客の情報管理や情報配信はもちろん、オプションを利用することで業務効率化や成約率向上に繋げることも可能です。既に約500社が導入しており、新機能も続々とリリース予定。家を持つ全ての人の暮らしを豊かにする、「knot」はそんなサービスを目指しています。

【株式会社SOUSEI Technologyとは】
株式会社SOUSEI Technologyは、住宅ビルダー事業において設立6年で奈良県注文建築棟数トップクラスに成長したSOUSEI株式会社のIT事業部門として2015年7月に大阪市福島区に設立しました。2018年10月に現在の株式会社SOUSEI Technologyに事業譲渡。本社を東京に移し、家の情報を管理するマイホームアプリ「knot」と住宅内でのIoTを実現するHOME OS「v-ex」など住宅テックに特化した開発事業を展開しています。

■株式会社SOUSEI Technology
本店所在地:東京都港区南青山3-8-5 アーバンプレム南青山4F
代表者役職・氏名:代表取締役 乃村 一政

【株式会社ダンドリワークスとは】
株式会社ダンドリワークスの代表取締役社長加賀爪は、前職の建築・住宅会社で、営業担当者から取締役社長までを務め、年商2億円だった会社を数年で年商20億円の会社に成長させました。その間に建築に特化したクラウド型コミュニケーションツール「ダンドリワーク」を開発し、2015年1月に独立。今後はICT化が困難な建築業界の新たなプラットフォームを築くことを目指しています。

■株式会社ダンドリワークス
本店所在地:滋賀県草津市南草津二丁目1番地7 ラクーンビル1F
代表者役職・氏名:代表取締役社長 加賀爪 宏介

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ダンドリワークス 担当:奥山
TEL:03-6205-4555
お問い合わせフォームはこちら

もどる

  • 詳細資料ダウンロード
  • 成功事例集ダウンロード
  • デモアプリダウンロード

プラン料金や機能一覧、導入前後で効果がわかる事例の資料集や、
機能を実際のデモ画面で体感できるでもアプリをダウンロード頂けます。