当社の弱点を克服できるかなと! - ダンドリワークス

お客様インタビュー

当社の弱点を克服できるかなと!

株式会社渡辺建設 代表取締役渡邉 郁雄 様

当社の弱点を克服できるかなと!

ダンドリワークを導入したきっかけを教えてください。

勉強会で一緒になった、お付き合いのある会社さんから、ダンドリワークを勧められました。それで興味を持ち、話を聞いてみたいと思っていたところ、FAXでDMが送られてきたので、知り合いと一緒にセミナーに行きました。監査さんからもオススメがあり、それもきっかけになりましたね。

ダンドリワークスのセミナーで魅力的と感じた点はどういった部分でしたか?

業者への図面だったり工程表だったり、いろんな通知が確実にできることですね。今までで一番問題だったのは、お客様と打ち合わせした内容を即座に現場に反映することができていなかったことです。そのせいで、何か変更があっても、その変更が現場に伝わっていないためにやり直すということが起きていました。ですが、これならリアルタイムでどんどんやれるかなと思って。当社の弱点を克服できるかなと思いました。

導入後、問題は解決しましたか?

解決し始めたところです。担当者が代わってから、少しずつ稼働し始めています。

今の段階で大変なところや、課題はありますか?

今ある機能を使い切ってからでないとわからないですね。発注機能なども気になります。

導入後、営業担当者、チャットワーク上での印象はいかがでしょうか?

顧客先との接し方のルールを皆さんしっかり徹底されているという印象を受けますね。素晴らしいと思います。チャットワークでも、最後は自分が送って終わらせるという営業の基本を守っておられますし。

ダンドリワークのようなものを取り入れた理由は、もう少し効率よく仕事をできればいいのにという気持ちからでしょうか?

もちろんそうですね。ダンドリワークを導入すれば仕事の効率化ができますし、現場を少人数で効率よく回すことができれば利益に繋がることだと思って導入しました。

会話の中に「ダンドリワーク」って出てくるんですね。

そうですね。基本的にはダンドリワーク一本でやっていこうという話をしているので、なくしていきたいのですが、緊急であれば「ダンドリワークに資料を上げておいてください」と言っています。
社内で必要書類を共有する上で、業者さんにも物件が竣工する間際に、ダンドリワークにアップロードしてもらうことをルール化しています。例えば、完成図書を作るときにも、今までは毎回メールを打って、「提出してくださいね」と電話で確認していたところが、ルール化することで、こちらが書類準備しようかなと思えば、連絡しなくてもダンドリワークにアップロードされているので、それをダウンロードし、印刷してすぐ準備ができます。そういう意味では、時間は短縮されました。

isms ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
滋賀オフィスにて認証取得

プライバシーマーク

個人情報保護方針
ダンドリワークスは
プライバシーマークを取得しています。


お問い合わせ資料請求

ダンドリワークまるわかりセミナー