ダンドリワークで現場を作って共有していると、「この現場の発注大丈夫ですか?」という確認のアクションを起こしてもらって救われたことも結構もあります。 - ダンドリワークス
  • HOME >
  • お客様インタビュー >
  • ダンドリワークで現場を作って共有していると、「この現場の発注大丈夫ですか?」という確認のアクションを起こしてもらって救われたことも結構もあります。

お客様インタビュー

ダンドリワークで現場を作って共有していると、「この現場の発注大丈夫ですか?」という確認のアクションを起こしてもらって救われたことも結構もあります。

株式会社HAMAYA 首都圏営業統括部 第二営業部
(左)高野 萩平 様 (右)大塚 悠右 様

ダンドリワークで現場を作って共有していると、「この現場の発注大丈夫ですか?」という確認のアクションを起こしてもらって救われたことも結構もあります。

株式会社HAMAYAさんについて

東京都新宿御苑の近くに本社を構え、全国のガラス・サッシをメインに住環境資材全般の流通卸売業を事業としています。現在、ダンドリワーク上で稼働している現場が導入企業の中で一番多く、流通管理においてカレンダー工程表を有効にご活用いただいています。

現場目線で、実際にダンドリワークを利用して感じたことを営業スタッフの方に伺いました。
導入のキーパーソン、社内推進役 藤井さまのインタビューはこちら


会社規模
売上高:131億円
月間工事数:約1000件
社員数:200名強

ダンドリワークを使って2年
利用しているオプション:カレンダー工程表★

導入前に抱えていた課題
現場情報の共有ができていなかったため、部署間の連携がとれなかった。

会社が「ダンドリワークを導入する」と聞いた時、正直どんな気持ちでしたか。

導入すると聞いた時に画期的だな!活用したいな!というのがほんとうに第一印象です。 実際使ってみると、最初は慣れない部分があり、手間や戸惑うこともありましたが、今ではダンドリワークなしでは仕事は成り立ちません。今までひとつの物件を共有できるシステムではなかったので、すごくやりやすいです。

ダンドリワークを操作するにあたって面倒な部分はありましたか?

今までもGoogleドライブにアップして共有する作業をやっていたので、面倒ではありませんでした。ダンドリワークを使って共有できる幅が増えて使いやすくなりました。

ダンドリワークを導入するにあたって内部での反発はありましたか?

今までのやり方のほうが「楽」だと思っていた人もいたのですが、現在では、全員ダンドリワークに移行しました。使いやすいと言っていますよ(笑)

時間の使い方に変化はありましたか?

はい。時間短縮になりました。 自分の物件も振り返りやすく一目瞭然。コメントもダンドリワーク上で残るので伝達ミスがなくなりました。例えば1号棟~10号棟まである物件があったとして、今までは1つずつフォルダを作っていました。いまは複製できるので、無駄がなくなりました。

ダンドリワークの機能について便利だと思う点はありますか?

工程表がすごく便利です。商材ごとに担当している人が違うので、今までは担当者に現状を聞かないとわかりませんでした。それが工程表を見れば現状が一目でわかるので便利になりました。現場の流れが読みやすくなりましたね。

カレンダー工程表を主に使っていらっしゃいますが、オススメ箇所を教えていただけますか?

業務の担当者が使うことが多く、職人さんごとの予定が視覚的にわかるところが使いやすいです。

ダンドリワークをまだ使っていない会社さんに一言お願いできますか?

(大塚さん)わたしは使う前からこのシステムの話を聞いて便利だなと思いました。実際帰る時間も早くなっていると思いますし、何より手間が減りました。使いこなせるかという不安よりカバーしてくれる体制があるのなら使ってみたほうがいいと思います。 (高野さん)前と比べて言った言わないがだいぶ減ってきたと感じています。いままで手配や現場を個人でメールしたり、ドライブで管理していましたが、ダンドリワークで現場を作って共有していると、逆に業務部の方から「この現場の発注大丈夫ですか?」という、確認のアクションを起こしてもらって救われたことも結構もあります。手配漏れとかいう部分を減らせるのかなと思います。

isms ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
滋賀オフィスにて認証取得

プライバシーマーク

個人情報保護方針
ダンドリワークスは
プライバシーマークを取得しています。


お問い合わせ資料請求

ダンドリワークまるわかりセミナー